読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナムラナナコの談話室 β版

恋愛や婚活の相談から愚痴、質問、アホな話題なんでもあり!おたよりください。

No.11 女性は「追われる」のと「追いかける」どちらが幸せなのでしょうか?

こんばんは〜ナナムラナナコです。

 

今朝、夢に木村拓哉さんが出てきました。

私はキムタク様のファンでもなんでもないのですが(昔、森くんが脱退した頃にライブに行ったことはあります。黄色い声援の渦というものに初めて触れた瞬間。)、とにかく出てきました。彼とは夢の中で何故かツーカーの仲になっていて、私がひたすら

「『ちょ、待てよ』って言ってください!おねがいします!」

と懇願しながら逃げるフリをする、しかし木村さんは「待てよ」なんて言ってくれない。

そんなことを数十回繰り返すという奇妙な夢でした。

f:id:nnnaaa00:20170218144441j:plain

これは夢診断的には何なんでしょうか・・無限の住人の映画化にブーブー文句言わないで見に来いよっていう暗示なんでしょうか。。

wwws.warnerbros.co.jp

 

さて、最近「婚活オトコ百科」だけでなくこちらの談話室ブログも読者様が増えてきており嬉しい限り!

今読み直したら、3連続で婚活のご相談に答えていたYO。

 

・・みなさん大丈夫なんでしょうか?私なんかに結婚活動の相談をして。

何も成し遂げていないヘッポコ婚活師のわたくしにアドバイスを受けても、塾で東大に受かっていない先生に東大受かる方法聞いてるみたいなもんだからねえ…

良いんですよ?おたよりは婚活や恋愛の内容じゃなくて「蔵馬と飛影どっちが好き?」みたいな質問でも良いんですよ? 

いやいや、贅沢な話ですね。私なんぞに真剣なご相談をいただけるなんて。

私も人の恋バナ聞くの大好きですし、精一杯応えますね!!

 

さて、今日は恋愛に関するおたよりです! ピュアな感じです。

 

========

 

「ナナコさん、初めまして!みさと申します。

いつも楽しくブログ拝見しております。

とにかくナナコさんの感性が素敵で、面白すぎます。
ナナコさんにご相談できるという素晴らしい企画を、どうもありがとうございます。
 
最近、自分の中でテーマになっていることがありまして…
ずばり、女性は「追われる」のと「追いかける」どちらが幸せなのでしょうか?
私は現在26歳ですが、彼氏が何年といません。
恋愛という恋愛も経験してこないまま、大人になってしまいました。
次に付き合う人は結婚を考えられる人じゃなきゃいけないな〜なんて漠然と思っているのですが、やっぱり自分から好きになる人にはなかなか振り向いてもらえません。
 
自分を好きになってくれる人から、素敵な人を見つけるべきなのでしょうか。。
そもそも出会いも無く、好きになってくれる人もいない状況ではありますが(笑)
 
ナナコさんのご意見をぜひお聞かせ下さい!」
 
=========
 
みささん、ありがとうございます。
いつもブログを読んでくださっているそうで大変うれしゅうございます。

みささんは26歳、お若いですね〜!!

20代で婚活している人がこんなに多いんだ、と少々驚いています。

 

恋愛という恋愛も経験してこないまま、大人になってしまいました。

そうですか。。恋愛経験値があまり高くないんですね?

みささん、気にすることはないですよ。

恋愛経験値が高いからって良い恋愛や結婚ができるかというとそれは別問題ですから。

結局男女もただの人付き合いの一種なわけなので、人と付き合う能力を磨けば問題ないと思うんです。

自信を持ってください!

 

女性は「追われる」のと「追いかける」どちらが幸せなのでしょうか? 

 

ハイ、来ましたね。

「追われる」「追う」どっちが幸せか問題。

「愛される」「愛する」どっちが幸せか問題、とも言いますね。

f:id:nnnaaa00:20170218144536j:plain

 

「女は追われる方が幸せなのよ〜」という言葉をよく周りの方(会社の先輩や女友達など)が言っていませんか?女は求められてナンボだと。

一般的には「女性は追われるほうが幸せ」説が有力でしょう。

しかし、私の答えはひとつ。

 

どっちが幸せかは人による

 

です。あ、待って、帰らないで!笑

 

ではなぜ世の中では「女は追われるほうが幸せ」「女は愛されたほうが幸せ」と言われているのか?

 

〜ここからナナムラのクソつまらない話が少し続くのでご容赦ください〜

 

女性は生物学的に、自分を守ってくれる相手を必要とするからです。

(すいません間違ってたら指摘してくださいエライ人!私は専門家ではありません)

生物としての女性には、男性に守ってもらいたいという本能が備わっています。

オトコになんて守ってもらわなくて結構よっ!という声が聞こえますが、あくまで生物としての特性の話です。

一人の男性にベッタリ付いていてもらい、自分と子供を外敵から守ってもらうのが最も種を残しやすいのです。それにはもちろん女性側も愛情を持つことが必要ですが。

妊娠中や出産直後は別の男性の子供を身ごもることはできないですし、別の男性と仲良くなるメリットはほとんどありません。

よって、女性というのは自分を愛してくれる男性や必要としてくれる男性を、同じく必要と感じるようにインプットされているのです。 

 

ただ、男性はそうはいきません。

もちろん種を残すために自分の子供やつがいは守ろうとしますが、同様に別のメスにも種を残そうとします。

よって一人にずっとついて守り続けるよりも、色々な場所に行って子供を作るほうが都合が良いのです。(ここは動物により差はあります)

 

・・急に身も蓋もない動物的な話をしましたが。

何が言いたいかというと、女性は「自分を愛してくれる男性を愛する能力」が男性のそれより高いと言えるのです。

よって

「最初は強くアプローチされてしぶしぶ付き合ったけど今では私のほうがカレピに夢中〜♡」

などという現象があちらこちらで生まれているのです。

男性側も、愛されてジワジワ相手を好きになることはありますが女性ほどではありません。

むしろ男性は、苦労して手に入れたものに愛着を覚える生き物です。追うほうが向いていると言えます。

なので、諸々を踏まえ『女性は追われるほうが幸せ』というのが定着しているのです。

 

 

しかし、私は考えます。

 

愛されるよりも 愛したい マジで てな女性もいるし

愛するより愛されたい男性もいる と。

 

確率的には低いかもしれませんが、存在はしています。

どちらが自分にとって幸せかはその人によって大きく異なります。

 

どちらも経験してみないとわからない部分はあるので、まずは思う存分追ってみたり(ストーカーはダメよ♡ )または 追ってきた男性に応えてあげてみたり、それぞれを楽しんでみれば良いと思います。

 

個人的感想ですが、

「追われるのが好き」という女性は自己肯定感が強く、

「追うのが好き」という女性は自己肯定感が低い傾向が強いと思っています。

どういうことかと言うと、 

「私のように素敵な女性を好きなアナタ、趣味良いわね!」と思うか、

「私みたいなダメな女を好きっていう男性は気持ち悪い!」と思ってしまうかの違いです。

当たり前ですが前者のほうが健全な精神だと思います。

 

「「追われる」「追う」どっちを選ぶも自由だーー!!」と言ってはみましたが、今のみささんにアドバイスするとすれば一度自分を追ってきてくれた男性と付き合ってみても良いかもしれない。

追い続けるのには大変に強い心と根性が必要になりますからね。

 

無理なら『やっぱりごめんなさい』ってすればよろし!

 

楽しんで恋愛してくださいね〜

 

おたよりはここから!