読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ナナムラナナコの談話室 β版

恋愛や婚活の相談から愚痴、質問、アホな話題なんでもあり!おたよりください。

No.14「姉は結婚詐欺にあっているんじゃないでしょうか・・?」

こんばんわ〜ナナムラナナコです。

今回は、ペンネーム「やまうさぎさん」からこんなブログに相談しちゃダメ!と思うような深刻なおたよりが来ましたので掲載します。

私なんかに相談して大丈夫だろうか。

本当にやばくなったらミセス・パンプキン様に相談してね!やまうさぎさん。

※一部内容を変えています。ご了承ください。

 

今回はちょびっと長いですがドーゾ!

 

==========

 

「初めまして。いつも楽しくブログを拝読しています。

自分には結婚の適正が無いと気づき、婚活をやめた三十路のやまうさぎと申します。

姉(33歳)のことで相談がありメールさせていただきました。


この度、姉が突然11歳上の男性と結婚すると言いだしました。

あまり恋愛の話はしないため定かではありませんが、彼女にとっては初めての彼氏です。 

両親も私も結婚に反対しています。

理由は下記の通りです。 

  • 姉も相手も現在無職。結婚してから仕事を探すと言っている。
  • 姉も相手も貯金が無い
  • 相手が両親に挨拶に来ない。うちの両親が反対していることを知り「そんな失礼なこと言われるなら挨拶に行かない」と言っている。ちなみに彼の母親も同様。
  • 一日中電話をしている。夜中の3時〜4時まで電話をしていることもしばしば。

 

両親は結婚詐欺ではないか、そうでなくとも幸せにはなれないのではないかと思っています。

姉にそう伝えても「相手は真面目な人」というだけです・・

結婚後は我が家から新幹線で3時間ほどのところに移り住んで、姉、彼、彼の母で同居するとのことです。

両親は、すぐに仕事が見つかるか分からないし、貯金も無く当面の生活が心配なようです。

そして何より一番理解出来ないのは、相手が挨拶に来ないということ。常識では考えられないと言っています。

私もそう思います。逃げているとしか思えません。

 

何度姉と話し合っても平行線で結婚するの一点張り。

私は「もう野垂死にさせれば?」と両親に言ったのですが、さすがにそれは出来ないと。

 

私には、姉は初めての彼氏で舞い上がってるし、年齢的に結婚に焦っていてしがみついているようにしか思えません。

自分で言うのも恥ずかしいですが、私たち姉妹は箱入り娘として育てられました。

私は勝手に箱から出ていきましたが、姉は目立った反抗はして来ず、ぬくぬくと育ってきました。

だから世間知らずなんです。

私は姉と同じ部屋で、寝ていても姉の電話の声で目を覚ますこともあるのですが、そういうときは大抵姉は泣いています。

「別れるなんて言わないで!」「お願いします。切らないでください!」と縋り付いています。

良いように使われてるようにしか思えません。

前置きが長くなりましたが、姉の目を覚まさせるにはどうしたら良いのでしょうか。

このままでは両親がかわいそうで仕方ありません。

娘が結婚する時は祝福して送り出したかったと言っています。妹の私には結婚は期待できないですし…

身近な人には相談し辛く、メールさせていただきました。

 

========

 

やまうさぎさん。

周囲に相談しにくいことをよく私にメールしてくださいました。ありがとうございます!

お姉さんのことを大変心配されているのがよく伝わってきます。

お母様やお姉さんの言い分もやまうさぎさんが聞いてあげているのでしょう。家族の間に入ってあげるのは非常に骨が折れると思います。

お疲れ様です。

 

さて、お悩み内容の深刻な様子が伝わってくるので大変恐縮ですが・・

私のブログにおたよりをくださったということで、いつもの調子で主観的に意見を述べさせていただきます!

もし、不快でしたらすみません。こんな考えもあるということで流してください。

 

 

最初に、やまうさぎさんのお母様に申し上げます。

 

無職貯金なしの女性に結婚詐欺を働こうとするバカはいないですよー!!

 

今すぐ結婚サギの線は消してください!

そして、残念ながら周囲の人間が何をしてもお姉さんの気持ちを変えるのは難しいでしょう。

箱入り娘で世間知らずとはいえ、お姉さんは33歳。立派な大人です。

もう子供ではありません。

周りには焦っていたり一時の恋に溺れているだけのように見えるかもしれません。(まあ初めての恋愛でしたら、多少のぼせているのはあるでしょう)

f:id:nnnaaa00:20170225213358j:plain

しかし、私にはお姉さんは強い決意を持っているように見えます。

実家の近くを離れ相手のお母さんと同居をするという決断は、そう簡単にできることではありません。

 

で、やまうさぎさんとご両親が結婚に反対なさっている大きな理由の「挨拶に来ない問題」について

相手が両親に挨拶に来ない。うちの両親が反対していることを知り「そんな失礼なこと言われるなら挨拶に行かない」と言ってるそうです。ちなみに彼の母親も同様。

うーん、申し訳ないですが、私にはお相手の気持ちがよーくわかりますね。

私が彼の母親でも挨拶には行かないでしょう。

 

彼のお母さんの気持ちになってみてください。

大事に育てた息子が、愛する彼女を連れてきました。しかし、

「無職で貯金もないそんな男と結婚するな!騙されてる!って妹と母が言うんです・・」

と言われたらどう思うでしょうか?

自分たちのことをよく知らない人たちに「結婚反対!というか挨拶に来るのが普通だろ!常識なし!」と言われていたら…

私だったらイヤですね。彼女の家族に挨拶しに行って「無職でどうしようもない息子ですが、お嬢さんを嫁にください」と言って頭を下げるのなんて、まっぴらゴメンです。

何がなんでも男性側が先に挨拶に来て、土下座して結婚のお願いをしなければならない。そんなのものは昭和の時代までです。

そもそも、結婚というのは対等なもの。男性が一方的にお願いするというものではないはずです。

お互いがお互いを助け合うという契約。それが現代の結婚だと私は思います。

 

確かに、彼が無職の状態で結婚に踏み込もうとしているのは少し時期尚早かなとは思います。(今すぐに入籍しようと思っているのかはわかりませんが)

しかし、やまうさぎさんはご存知なんでしょうか。

彼がなぜ無職なのか?なぜお母様と同居されようとしているのか?就職のアテはあるのか?他に収入源はあるのか?などなど。

彼のことをあまり知らないのにボロクソに言っているのであれば、やまうさぎさんとご両親はお姉さん可愛さに目が眩んでしまっているように、私には見えます。

最近は様々な働きかたがありますし、ストレスフルな昨今は体調を崩したり、会社の状況で一時的に無職になる人は全く珍しくありません。

もちろん生活に見通しが立ってからのほうが良いに決まってはいますが、お相手のお母さんと同居すれば生活や住居の金銭的負担は少し軽減されますし、その地で一から生活を建て直すのは、一つの方法だとは思いますよ。

 

とにもかくにも、まずはお相手の男性の人間性や状況を理解するよう努めるのが、家族の心配の仕方ではないでしょうか。

お姉さんを本当〜に説得したいのであれば、そこからです。

私がやまうさぎさんだったら、お姉さんと彼氏と3人で会わせてもらいますね。一緒に飲めば大体人となりはわかるので!

実家に挨拶に来るのは非常にハードルが高いですが「彼に会いたい」と言えばきっと会わせてもらえると思います。

一度腹を割って話してみると相手の性格もわかってきます(もし、彼がDVっぽい人だとか働く意思がない、等であればそれは力づくでも止めましょう!)。

f:id:nnnaaa00:20170225213321j:plain

こーゆーのもアリかと

その後であれば「今、この状況の彼と結婚するのは反対」「もう少し入籍するのを待てば?」など説得の仕方があるとは思います。

 

ただ、彼は、お姉さんが好きになった男性なのでしょう?

結婚したいと思えるような男性なのでしょう? 

最終的にはお姉さんを信じて、遠くから見守ってあげてはいかがでしょうか?

 

もし万が一お姉さんが結婚に失敗したとしましょう。

お姉さんが傷心して戻ってきたとして、温かく迎えてあげられないような家族なんでしょうか。

そんなことはありませんよね。

やまうさぎさんのご家族は、愛情に溢れたご家族だと私は思います。

このままでは両親がかわいそうで仕方ありません。

娘が結婚する時は祝福して送り出したかったと言っています。

仰ることもよくわかりますが、お姉さんの人生はご両親のものではなくお姉さん自身のものです。

好きにさせてあげるのも愛情ではないでしょうか。

大丈夫です!死にはしませんから!

 

 

以上、ナナムラの個人的意見でした。

お身体に気をつけて、やまうさぎさんも人生を楽しんでくださいね〜

 

※結婚反対の4つ目の理由「電話しすぎ」に答えるのを忘れていました。

彼とお姉さんの電話の様子を聞いて心配になるのもよくわかります。しかし、世のカップルなんてそんなもんです。

ちょっと一日中電話は若いカップルみたいですが…恋愛経験が浅いならそんなもんでは。

泣いたりすがったり喧嘩したりしながら、仲を深めていくものです。なのであまり気にしないほうが良いと思いますよ〜

 

おたよりはこちらから。

nanamura.hatenablog.com